クレジットカード

海外旅行保険目当てでカードを持つのであれば、ミライノカードが一番です

海外旅行に行く際、必ず準備しなければいけないのは海外旅行保険だと思います。

どんなに治安が良いと言われている国であっても、日本より良いということは無いように思いますので。

出来るだけ、海外旅行保険にお金をかけたく無いと考えると、クレジットカードの付帯保険を有効に活用する必要が出てきます。

そういう風に考えている方は、是非サブカードとして、ミライノカードを検討してください。

一般的な海外旅行保険の補償額

海外旅行保険を準備する場合、皆さん気にされるのは、補償額をどれくらいにするのか?ではないかと思います。

基本的には使わないものですので、出来るだけリーズナブルにしたいところですが、安全にはかえられません。

私が普段旅行に行く際は、下表を基準にして補償額を準備するように心がけてます。

目標理想
死亡・後遺障害保険金1000万円2000万円
傷害,疾病治療1000万円2000万円
賠償責任保険金5000万円1億円
携行品損害保険金30万円50万円
救援者費用保険金500万円1000万円

少し多いような気もしますが、やはり楽しく旅行に行くためにはこれくらいの額はかけておいた方が良いのかなと。

スポンサーリンク

海外旅行保険を一般的におススメされるカード

一般的に付帯保険が充実しているクレジットカードは、年会費が高いものが多いですが、良く探せば年会費が安いものもございます。

年会費が安くて海外旅行保険がついたカードとして代表的なものは

  1. セゾンブルーアメックス
  2. SaisonBlueAmex
  3. 横浜インビテーションカード
  4. YokohamaInbitation
  5. エポスカード
  6. EposCard
  7. REXカード
  8. RexCard

です。

これらのカードの補償内容は下表のとおりとなります。

セゾンブルー
アメックス
横浜インビテーション
カード
REX
カード
エポス
カード
付帯条件自動付帯
補償内容カード会員のみ
年会費3000円
※家族会員 1000円
無料
※家族会員 無料
無料
※家族カードの設定はなし
死亡・後遺障害保険金3000万円2000万円500万円
傷害治療保険金300万円200万円200万円
疾病治療保険金270万円
賠償責任保険金3000万円2000万円
携行品損害保険金30万円20万円
救援者費用保険金200万円100万円

年会費が無料もしくは安価であるにも関わらず、補償はしっかりしているカードではありますが、これらのカードですとカード会員の補償しかしてくれないのがネックです。

dカードゴールド、エポスゴールドも優秀なカードではありますが…

上記のカードの他に海外旅行保険が付帯しているカードとしてオススメなのは、

  1. dカードゴールド
  2. DCardGold
  3. エポスゴールド
  4. EposGold

です。

これら2枚の補償内容は下表のとおりです。

dカードゴールドエポスカードゴールド
付帯条件自動付帯
年会費10800円5000円
家族カード1000円
※1枚目無料
5000円
※ゴールド、プラチナの家族からの紹介で無料
補償内容本人家族カード会員
死亡・後遺障害保険金5000万円1000万円1000万円
傷害治療保険金300万円50万円300万円
疾病治療保険金
賠償責任保険金5000万円1000万円2000万円
携行品損害保険金50万円15万円20万円
救援者費用保険金500万円50万円100万円

dカードゴールドは、家族カードが安価に発行でき、家族特約も付いていますので、オススメのカードと言えると思います。

エポスゴールドはゴールド、プラチナ会員の家族からの紹介であれば、家族カード(エポスファミリーゴールド)の年会費が永年無料。

なお、インビテーションをもらえれば、紹介者の年会費も永年無料となります。

そうした部分を考えるとこの2枚は非常に優秀なカードであると思うのですが…

表を見たら分かるようにやはりカード会員となれない家族の補償は不十分と言わざるを得ません。

ですが、ミライノカードの海外旅行保険はとても充実しています。

クレジットカードの付帯保険を利用して出来るだけ安く海外旅行保険を準備しようとする際、ネックとなるのはカード会員になれない子供の保険をどうすれば良いかといった部分でした。

この部分を補ってくれるのがミライノカードです。

Img mirainocard gold

Img mirainocard reguler

ミライノカードはすべてのカードに家族補償がついています。

ミライノカードの海外旅行保険は、全ての種類のカードで家族までしっかり補償してくれます。

ミライノカードミライノカードGOLDミライノカード PLATINUM
付帯条件利用付帯自動付帯
補償内容本人家族本人家族本人家族
死亡・後遺障害保険金 最高
2000万円
最高
1000万円
最高
5000万円
最高
1000万円
最高
1億円
最高
1000万円
傷害治療保険金 最高
200万円
最高
100万円
最高
500万円
最高
250万円
最高
1,000万円
最高
500万円
疾病治療保険金最高
500万円
最高
250万円
最高
700万円
最高
350万円
賠償責任保険金最高
1,000万円
最高
500万円
最高
5,000万円
最高
2,500万円
最高
1億円
最高
5,000万円
携行品損害保険金最高
50万円(1旅行・1年間)
最高
25万円(1旅行・1年間)
最高
100万円(1旅行・1年間)
最高
50万円 (1旅行・1年間)
救援者費用保険金/
保険期間中
最高
100万円
最高
50万円
最高
300万円
最高
150万円
最高
500万円
最高
250万円

流石に年会費900円のカードですと、利用付帯となってしまいますが、これだけ手厚い家族補償のついたクレジットカードはなかなか無いのではないでしょうか?

ゴールドで提供されている補償額であれば十分ですね...プラチナは正直不要だと思います。

足りない部分はクレジットカード付帯保険以外の海外旅行保険の検討を!

とはいえ、これらのカードだけでは十分な補償を準備できないかもしれません。

損保ジャパン日本興亜の新・海外旅行保険off!など必要な補償だけを選んで追加することができる保険もありますので、こうした保険を追加していただきたいと思います。

AIG損保なども以前使用しましたが、対応がよかったのでオススメです。



海外旅行保険目当てで、あまり使用しないクレジットカードを大量に持っているのも不正使用の被害に遭う原因になってしまうかもしれませんし、そうしたことを気にする方は、最初からクレジットカードの付帯保険でない保険を準備してもよろしいのではないでしょうか?

いずれにしても旅行に行く前には、十分に補償をつけて心置きなく旅行を楽しめる状態にしておくことをオススメします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

かず

40歳を過ぎて旅行熱が再燃した鎌倉在住のサラリーマンです。 家族で毎年海外旅行に行くため、妻と一緒に日々節約、ポイント活動に励んでます。 妻と一緒に管理しているこのブログではポイント、マイルの貯め方などを発信しております。 2018年SFC&JGC 取得 ファイナルプランニング技能士2級取得済み

-クレジットカード

Copyright© 40代陸マイラーの節約生活 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.